切替説明

国民年金・厚生年金の切替え説明

20歳になったとき

国民年金には20歳〜60歳になるまで加入します。
住所のある市区町村役場の国民年金窓口で、本人が加入手続きをします。後日、年金手帳と納付書が社会保険事務所より送付されます。年金手帳は年金をもらうときに必要となりますので、なくさないようにしましょう。

会社に就職したとき

就職したら、厚生年金や共済年金に加入し、これらを通じて国民年金にも加入します。手続きは勤務先が行いますので、特に自分で手続きをする必要はありませんが、年金手帳・印鑑・取得年月日を証明できるものを持参して住所のある市区町村役場の国民年金窓口で種別変更の手続きをされた方がよいでしょう。

会社を退職したとき

会社を退職すると、第2号被保険者から第1号被保険者への種別変更の手続きをし、その後は国民年金に加入することになります。

ところが、ここでうっかり手続きを忘れてしまい、国民年金に未加入のまま、保険料を未納してしまう方がたくさんいます。手続きは退職日から14日以内に住所のある市区町村役場の国民年金窓口に年金手帳・印鑑・退職年月日を証明できるものを持参して行います。忘れないようにしましょう。

結婚や退職などで配偶者の扶養になったとき

今まで第2号被保険者であった人も、配偶者の扶養となれば第3号被保険者に変わります。その手続きは配偶者の勤務先がすることになっていますから、本人の手続きは必要ありません。配偶者の勤務先へ届け出て下さい。

配偶者の扶養からはずれたとき

専業主婦だった人が再就職した場合には、第3号被保険者から第2号被保険者に変わります。この場合、勤務先が手続きをしますので、本人の手続きは不要です。ただし、自営業主になるなどの場合には第1号被保険者に変わりますので、住所のある市区町村役場の国民年金窓口へ年金手帳と印鑑を持って種別変更の手続きをしましょう。

配偶者が会社をかわったとき

たとえば、会社員の夫が転職して公務員になった場合でも、専業主婦である妻が第3号被保険者なのは変わりませんが、厚生年金から共済年金、あるいは共済年金から別の共済年金へ夫が転職した場合「第3号被保険者種別確認届」の提出が必要です。ただし、配偶者の勤務先を通して届け出るので、本人の手続きは不要です。

年金手帳をなくしたとき

もしも、なくした場合には、第2号被保険者は勤務先で社会保険事務所に再交付の書類を提出します。
第1号被保険者の場合には、市区町村役場で受付されます。

お問い合わせ
穴水町住民福祉課
電話: 0768-52-3640

穴水町役場

〒927-8601 石川県鳳珠郡穴水町字川島ラの174番地
Tel 0768-52-0300(代表) Fax 0768-52-1196 E-mail
anamizu@sec.town.anamizu.ishikawa.jp

【著作権について】
本サイト上の文書や画像等の各ファイルおよびその内容に関する諸権利は、原則として石川県穴水町に帰属し、本サイト上の文書・画像等の無断使用・転載を禁止します。