ボラ待ちやぐら

ボラ待ちやぐらの写真

ボラ待ちやぐら

天文学者パーシバル・ローエルが、著書「NOTO」の中で、怪鳥ロックの巣のようだと表現した漁業用のやぐら。やぐらの上で終日、ボラ(魚の一種)の群を見張り、網をたぐるという原始的な漁法で、最盛期には、20基を数えましたが、穴水町でも1996年秋を最後に、現在この漁法を行う者はいなくなりました。

現在は、穴水町の国道249号線の根木ポケットパーク及び中居ふれあいパークでやぐらを見ることができます。
住所 穴水町根木地内 及び 穴水町比良地内

お問い合わせ
穴水町政策調整課 観光交流推進室
電話: 0768-52-3790
FAX: 0768-52-0395

穴水町役場

〒927-8601 石川県鳳珠郡穴水町字川島ラの174番地
Tel 0768-52-0300(代表) Fax 0768-52-1196 E-mail
anamizu@town.anamizu.lg.jp

【著作権について】
本サイト上の文書や画像等の各ファイルおよびその内容に関する諸権利は、原則として石川県穴水町に帰属し、本サイト上の文書・画像等の無断使用・転載を禁止します。